チャイルドシートを使用する習慣について

事故の概要
 平日の午後、Aさんは買い物に行くために乗用車を運転し、片側1車線の道路を通行していた。Aさんは何台かの対向車とすれ違ったが、対向車の一台が突然にセンターラインを超えて、Aさんの進路上に出現した。Aさんは驚いてブレーキをかけるとともに道路の左側に寄り、この乗用車を回避しようとしたが対向車と衝突した。Aさんは足を骨折し、後部座席に乗っていた7歳と3歳の子どもが顔や肩を負傷した。

 

事故の原因
 対向車を運転していたBさんが、センターラインを超えたことが事故の原因である。事故が発生した場所は、直線で見通しも良かったが、Bさんは事故の直前に脇見をしたために、ハンドル操作を誤ったらしい。
 Aさんの乗用車に乗っていた2人の子どもは、チャイルドシートを使用していなかった。顔や肩の負傷は、車内のいずれかの場所に衝突したことによるものと考えられることから、チャイルドシートを使用していれば、負傷をせずにすんだか、より軽い負傷ですんだ可能性がある。

 

 

この事故から学ぶこと
 チャイルドシートの使用率を調査した結果によると、近年の使用率は50%前後で推移していて、高いとはいえない水準である。年齢別にみると、1歳未満の使用率は比較的高いが、6歳に近づくと低くなる傾向がある。
 子どもは、チャイルドシートを使用する習慣がつけば、車に乗るときに自分からチャイルドシートにすすんで座るようになる。赤ちゃんのころからチャイルドシートを使用している子どもの中で、チャイルドシートに座ることを嫌がる子どもは少ないはずである。年齢が高くなるほど使用率が低くなるのは、親が子どもの成長に合わせたチャイルドシートを用意していないか、後部座席の大人がシートベルトをしていないからではないだろうか。自動車が衝突したときの安全について正しい知識と、正しい行動を子どもに教えるのは大人の責任である。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

交通事故における後遺症と後遺障害の違いとむち打ちと高次脳機能障害に関する事柄
交通事故による慰謝料は増額できる場合がある
交通事故で支払われる金額に納得いかないなら示談交渉はプロに頼むこと
交通事故の被害者になったら専門家に相談しよう
交通事故の被害者がするべき行動ともらえるお金において裁判基準が得するという事実
交通事故の被害者になった人はしっかりとした選び方で弁護士を探した方が良いです
交通事故の被害者が請求できるものとは
交通事故の被害者が泣き寝入りしないようにするために
交通事故したら保険会社への連絡を
交通事故の治療費は保険会社に請求しましょう
交通事故で発生する精神的苦痛との向き合い方
交通事故で被害者が過失なし・10対0の過失割合なら
交通事故の被害者が得する方法とは
交通事故の被害者がするべき手続きとは
交通事故の被害者がやられ損にならないための行動
交通事故により発症したむち打ちへの対応とは
交通事故のケガの種類を把握しましょう
交通事故の被害者がとるべき対応とは
交通事故の被害者が知っておくべきの休業補償の内容とは
交通事故の加害者と連絡取れない被害者はどうしたらいいのか
交通事故のリスクと裁判の備えに注目です
交通事故の被害者が作成する診断書と賠償
交通事故で困ったら無料相談を利用しよう
交通事故に遭った被害者の権利とは何か?
交通事故の対応と腰痛治療の保険に注目です
直事故の過失について
運転中の急病による事故
交差点内で発生した追突事故
飲酒運転のさまざまな危険性
運転中の急病による事故
初心運転者の速度超過による事故
急な進路変更による事故