運転中の急病による事故

事故の概要
 平日の午前中、Aさんは釣りに行くために原付を運転し、片側2車線道路を通行していた。Aさんは、信号機のある交差点を青信号で直進したが、交差点の先に停車していた乗用車の後部に追突し、転倒した。

 

事故の原因
 Aさんが乗っていた原付は、前のカゴが変形した程度で、ほとんど損傷していなかった。原付の損傷の様子から、Aさんが車両に追突した速度は、時速10㎞程度と考えられた。Aさんの身体の様子を詳しく調べたところ、Aさんは事故直前に、くも膜下出血を起こし、意識障害と呼吸不全が生じた結果、運転が不可能になり、事故に至ったと推定された。

 

この事故から学ぶこと
 意識障害や意識喪失を及ぼす病気には、くも膜下出血のほかにも、脳血管の血栓による虚血、糖尿病などによる低血糖症状などが知られている。運転中にこれらの症状が急に起きると危険である。事故を起こして自分が死傷するだけでなく、他人を死傷させてしまう場合もある。日ごろの健康管理には十分に注意し、心配な場合は、運転を控えるべきである。とくに、長距離を運転するなど、負担が大きい運転をする前には、注意が必要である。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

交通事故における後遺症と後遺障害の違いとむち打ちと高次脳機能障害に関する事柄
交通事故による慰謝料は増額できる場合がある
交通事故で支払われる金額に納得いかないなら示談交渉はプロに頼むこと
交通事故の被害者になったら専門家に相談しよう
交通事故の被害者がするべき行動ともらえるお金において裁判基準が得するという事実
交通事故の被害者になった人はしっかりとした選び方で弁護士を探した方が良いです
交通事故の被害者が請求できるものとは
交通事故の被害者が泣き寝入りしないようにするために
交通事故したら保険会社への連絡を
交通事故の治療費は保険会社に請求しましょう
交通事故で発生する精神的苦痛との向き合い方
交通事故で被害者が過失なし・10対0の過失割合なら
交通事故の被害者が得する方法とは
交通事故の被害者がするべき手続きとは
交通事故の被害者がやられ損にならないための行動
交通事故により発症したむち打ちへの対応とは
交通事故のケガの種類を把握しましょう
交通事故の被害者がとるべき対応とは
交通事故の被害者が知っておくべきの休業補償の内容とは
交通事故の加害者と連絡取れない被害者はどうしたらいいのか
交通事故のリスクと裁判の備えに注目です
交通事故の被害者が作成する診断書と賠償
交通事故で困ったら無料相談を利用しよう
交通事故に遭った被害者の権利とは何か?
交通事故の対応と腰痛治療の保険に注目です
直事故の過失について
運転中の急病による事故
チャイルドシートを使用する習慣について
交差点内で発生した追突事故
飲酒運転のさまざまな危険性
初心運転者の速度超過による事故
急な進路変更による事故